スマートフォンサイトへ

世界の道を走り、自然、町、村、庶民の生活に溶け込む旅。

海外ツーリングのご案内です。

 
クルーズ|童心に還る旅|インド・ヒマラヤ|ラダック・イン・ザ・バレー|メイン
 
 
 
ALL
 
カンボジア
ヨーロッパ
インド
モンゴル
シルクロード
タイランド
 
ツーリング・パートナー募集
 
グループツアー推奨日
童心に還る旅
童心に還る旅
 

Boys & Girls Holiday

 
 
レー市から西部は整った舗装路が伸びでおり、絶景を眺めながらの快適なオンロード走行が楽しめます。舗装率9割。
レーから約100km、月世界と呼ばれるラダックならではの土地に建つ大規模な寺院群。
   
国道1号線、スリナガル/レーHwyの最高地点。標高は4,108m、恐竜の背鎧のような急峻な山を望む。
   
異なる色の水が交わる場所、インダス川とザンスカール川の合流点。レーからわずか20km。
   
荒々しいラダックの山々の麓には村々が点在し、麦畑が広がっています。日本の里山を思わせる情緒ある風景。
   
レー/スリナガルHwy最西端の町。インダスの流れに沿って広がる美しい渓谷の町。
   
カルギルとアーリアン・バレーを結ぶ道の峠、4,024m。峠から北へ進むとモスリムの村が点在し、やがてインダス川に合流。 広がっています。
   
ハンプティン峠の直下の村。モスリムの村ですが、素朴な人々が歓迎してくれること間違いナシ。
   
ダー、ハヌーなどの名で知られる村に住むアーリア系の人々。ほうずきや季節の花々を束ねた髪飾りが花の民の由来。
   
ラダック渓谷の農業は果実と木の実。村には果樹園が広がり、スモモ、アンズ、アーモンド、リンゴなどが収穫の時を待ちます。
   
ダー村散策後に訪れるビアマの宿。果樹の林にレイアウトされた快適なパーマネント・キャンプ。近くの村への散策も可。
   
大岩盤の芸術と絶壁に立つ仏教施設がダイナミックな風景を成し、豊かな緑は対照的な温かみある人里の風景を成す。
   
 
 
 
 
日本〜デリー空港:フライト|空路デリーへ。デリー空港よりホテルへ向かいます。ホテル到着後、ウェルカムディナーをお楽しみ下さい。早朝のフライトに備え、お早目に就寝。
デリー空港〜レー空港:フライト|早朝のモーニング・コールです。空港へ向かいチェックイン。首都、デリーを後にラダック王国の首都、レーへのフライト時間は約1時間。到着後、フリー・スケジュールです。ホテルにてリラックスいただくか、周辺の散策をお楽しみ下さい。
 
レー市〜カルギル市:210km|スリナガル/レーHwyを西へ、赤茶けた岩山がそそり立つ渓谷の風景を眺めながらクルージング。ザンスカール川とインダス川の合流地点、ラマユル・ゴンパ、ファトゥ峠を経て大スケールの山々のアート、緑豊かな里、小さな町、チベット仏教寺院などが次々と訪れる道をカルギル市へ。
 
カルギル市〜ビアマ:80km|カルギル市よりハンプティン峠を越え、アーリア渓谷へ。峠を越えラルン村を散策し、インダス川に合流、アーリア渓谷に入ります。花の民(ドクパ)のダー村を散策、豊かな果実の森と季節に合わせた収穫や農作業をご覧いただきます。今宵はビアマのアーリアン・バレー・キャンプにて快適な夜を。
 
ビアマ〜レー市:150km|ビアマを発ちスカルブチャンへ向かいます。うねる地層から成る大岩壁、崖上の仏教寺院、緑豊かな村の風景をご覧いただき、再び赤茶けたラダックの景色の中へ戻ります。途切れることの無い絶景の数々を眺めながらレー市へ到着。ラダック渓谷西部の旅は終わります。
 
レー空港〜デリー空港:フライト&市内観光|空港へお送りいたします。チェックインの後、ラダックに別れを告げ、ヒマラヤを越え、首都デリーへ約1時間のフライトです。デリー到着後、市内観光へご案内します。オールド・デリーとニュー・デリーのスポットを散策。デリー泊。
 
予備日|デリー空港〜日本:フライト|日程通りにスケジュールが進んだ場合はデリー市に終日滞在されるか、オプショナルツアーをお楽しみ下さい。
夕刻のフライトに合わせて空港へお送りします。チェックイン後、ナイト・フライトにて帰国の途へ。
 
ハッピー・ランディング!
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
 
   
   
   
   
 

カンボジア|クメールの小道deアンコールワット|小栗伸幸さんご一緒の旅

カンボジア|多彩な自然が魅力、カンポット州の村々と小道|小栗伸幸さんご一緒の旅

モンゴル|ヘンティー・フラワートレック|松下時子さんご一緒の旅

モンゴル|大草原セーフライド|小栗&松下さんご一緒の旅

ブルガリア|しられざるブルガリアの散歩道|日本語通訳同行

インド・ヒマラヤ|ザ・ラダック|イン・ザ・バレー|有川博章同行

モンゴル|ヘルレン・秋のメルヘン|松下時子さんご一緒の旅

 

(C) 2004 Cruise International inc. All rights reserved.