悠久の大河とクメールの至宝アンコール

ツアー概要

悠久の大河メコンの畔からアンコール遺跡への庶民の道。カンボジア二大ハイライトをつなぎ、魅力的な村々と点在する遺跡を訪ねる旅。

ご旅行条件

  2019.3/16更新
05/04-05/31 ¥221,000
06/01-06/30 ¥229,000
07/01-0712 ¥241,000
07/13-07/31 ¥266,000
08/01-08/09 ¥273,000
08/10-08/14 ¥316,000
08/15-08/31 ¥273,000
09/01-09/30 ¥266,000
10/01-10/31 ¥273,000
11/01-11/30  ¥291,000
12/01-12/26  ¥273,000
12/27-12/31  ¥354,000
  • 燃油サーチャージ、現地タックス込み
  • 上記金額はお二人参加料金です。お一人参加料金はお問い合わせください。
  • 3月現在のベトナム航空をベースにした概算料金です。他航空会社、見積り時期により割安価格が取れることがございますのでお問合せ下さい。
《主なツアー内容》
行内容 レイドバック
旅行期間 5泊6日
シーズン 通年
実施人数 1名様より
宿泊施設 ホテル4泊、機中1泊
お食事代 現地払いです
アクセス 日本~プノンペン
航空会社 ベトナム航空、タイ航空他
バイク ホンダXR250|シート高調整可
会話 かんたんな英語でお楽しみ下さい。


  • 燃油サーチャージ、現地タックス込み
  • 上記金額はお二人参加料金です。一人参加料金はお問い合わせください。

PICK-UP

メコンリバーとアンコール遺跡。二大ハイライトをつなぐカンボジア中央部、オフロードの旅。村々と中小の遺跡、カンボジア庶民の生活にふれる旅路にはこの国の魅力が満載。乾季、雨季を問わずお楽しみいただけるカンボジア・ツーリング!!

ツアーハイライト

アンコールワット

世界遺産アンコールワット、神々が宿る旅の終着地。最終日はアンコール遺跡観光、日本語ガイドがご案内します。

メコンリバー

遥かチベット高原を源流とする悠久の大河。ツーリングでは1日をメコンリバーと共にお過ごし頂きます。

サンボープレイクック

カンボジアで2番目に古い7世紀前半の遺跡。森の中に点在する古びた八角形の石造寺院。スケールは小さいのですが、独特の建築様式と"侘・寂"は見どころです。

コンポンクデイ|スピアン・プラプトス

アンコール朝時代に作られた石造りの橋。最近まで幹線道路6号線はこの橋の上を走っていました。

シルク村

プノンペン近くのメコン・リバーに浮かぶ島へのショートフェリー・トリップでシルク織の村へ。

絆橋=キズナ橋

日本の援助によって建造されたメコンリバーに架かった最初の橋。

宿泊ホテル

ツーリング後のリラックスを大切にリゾートホテル、またはその町で最上クラスのホテルにお泊りいただきます。

食事

日本の皆様の味覚に合うカンボジア料理をお召し上がりいただきます。通常はガイドにお任せいただきます。

レインシーズン|5月~10月

5月は真夏で季節の変わり目、雨季は6月に始まり、8月中旬から9月は多雨、10月は季節の変わり目です。

ドライシーズン|11月~4月

11月~12月までは路面に雨季の名残がありますが2月迄はベストシーズン、3月は初夏の始まりで4月は真夏です。

二輪の旅、隠れたハイライトは村々に。クメール伝統のライフスタイルは魅力いっぱいです。

仏領時代の名残が町の魅力。また近代的なビルが建つプノンペンや観光都市シェムリアプも発展と美しさを感じます。

田園と畑と農園

田園風景、野菜畑、ゴム園・果樹園などのプランテーション。豊かな農産物のフィールドが広がります。

漁業

大河が二本流れるカンボジアは漁業も盛ん。メコンを始め、中小の河川・湖沼で様々な漁が営まれています。

クメール民族

中世インドシナ全土を支配した輝かしい歴史、そして近代の内戦を経ながらも発展を遂げた親日派クメール。ツアーガイドや庶民の明るさは心地よい数日をお届けします。

庶民とのふれあい

二輪の旅だからこそお近づきになれるカンボジア庶民。アンコールワットよりもメコンよりも記憶に残る時間になるかもしれません。

スケジュール

  • 1
    日本~プノンペン

カンボジアの首都プノンペンへ。
空港にて現地スタッフとミーティング後、ホテルへお送り致します。

  • 2
    ツーリングDAY1

プノンペン~コンポンチャム

村々をつなぐオフロードの旅の始まりです。
高床式住宅、商店、プランテーションなど農村風景と南国の自然に触れながらの旅。メコンリバーをフェリーで渡り訪ねるシルク村滞在も楽しい一時です。
メコンリバーの雄大な眺めもご覧いただけます。

  • ツーリングDAY2

コンポンチャム~コンポントム

メコンリバー西岸を走行後、大河に別れを告げ、中央部の平地を走り、カンボジアで2番目に古い7世紀前半の遺跡、ソンボー・プレイ・クックへ。後、6号線沿いの町、コンポントムへ。

  • ツーリングDAY3

コンポントム~シェムリアプ

シェムリアムまでは直線で150km。カンボジア主要道路5号線を中心に、現地ガイドの最新の情報とツーリング・ペース次第で魅惑のオフロードへご案内します。
日没前にアンコール遺跡群到着。

  • アンコール遺跡散策|遺跡日本語ガイド同行

アンコールワット遺跡散策|遺跡日本語ガイド同行

世界遺産“アンコールワット”を散策。クメール王朝の遺産の数々をご覧頂きます。
シェムリアップへ戻り、空港へ。
カンボジアを後に帰国の途へ。

  • 6
    プノンペン~日本

ハッピーランディング

ツアーマップ

ツアーマップ

▲画像クリックで拡大表示

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3990-8823

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。