theラダック☆ザンスカール渓谷

ツアー概要

秘境ラダックの更に奥深い秘境ザンスカール。荒々しさの中に広がる美しさとダイナミックな風景に包まれる旅。

ご旅行条件

  2020.1.31更新
07/01-07/17  418,000円
07/18-08/07 428,000円
08/08-08/10 448,000円
08/11-08/31 428,000円
  • 燃油サーチャージ、現地タックス込み
《主なツアー内容》
旅行期間 7泊8日<機中1泊>
シーズン 7月~9月上旬
実施人数 2名様よりツアー実施
宿泊施設 ホテル6泊、機中1泊
お食事代 朝5、昼5、夕6
アクセス 日本~デリー~レー
航空会社 インド航空
バイク|ご利用バイクは選択いただけます。
  • ロイヤル・エンフィールド500
  • Bajaj Avenger 220
会話 簡単なトラベル英語でお楽しみ下さい。


PICK-UP

ザンスカール渓谷

ヒマラヤ主脈、北側の谷がザンスカール渓谷です。
チベット高原とヒンドゥスタン平原をつなぐラインの丁度真ん中。7,000m峰"ヌン&クン"をメインに荒々しくも美しいヒマラヤの絶景に囲まれています。
外部と遮断された土地には手付かずの自然と伝統文化が残っており、州都レーから離れているため、外国人は元よりインド人ツーリストが少ない秘境中の秘境・・・ザンスカールへの旅はお勧めNo.1の秘境ラダック、アドベンチャールートです。

選べるご利用バイク

〔Royal Enfield500〕または〔Bajaj Avenger220〕

ご利用バイクは〔Royal Enfield500〕または〔Bajaj Avenger220〕のどちらかをお選びいただきます。「現場で跨ってから決めたい。」とのご要望にも出来る限りお答えいたします。

  • エンフィールド500|シート高:81cm 車重:194kg
  • アベンジャー220|シート高:74cm 車重:155kg
高地障害について

高地障害についてご案内します。発症には大幅な個人差がありますが、当社過去数年の実例では顕著な例は4,000m前後を越える場所に宿泊、又は長時間滞在時に発生するようです。ツーリングは登山と異なり筋肉の酸素消費量は軽減される利点がございますが、当コースに関してはお申込み決断前に十分なご質問、ご検討をお願い致します。

〔2, 6泊目〕レー:3,500m、3泊目〕カルギル:2,700m、〔4泊目〕ランドゥム:4,000m、〔5泊目〕アーリアンキャンプ:2,700m

ツアーハイライト

ヌン&クン

西部ザンスカール渓谷の盟主ヌン&クン峰。右がヌン(7,135m)、左がクン(7,077m)

スル川

ペンシラ氷河を源流としカルギル市まで流れる185kmの川。ザンスカール渓谷の西側を形成します。

ザンスカールの人々

ザンスカール渓谷西部はイスラム教の村々が点在します。ランドゥム村より東がチベット仏教の世界。

ランドゥム村の宿

ザンスカールでの宿泊地、ランドゥム村唯一の宿。標高4,000mに位置する宿です。

ペンジ・ラ(ペンシ・ラ)

カルギル/パダムロードの峠=4,400m。ドゥランドゥルン氷河ビューポイントであり、渓谷を東西に分ける峠。

ザンスカール・ライフ

荒々しくも美しい峰々に囲まれた渓谷の生活。隔絶された伝統生活が魅惑の時をお届けします。

ランドゥム・ゴンパ

ランドゥム村に位置するチベット仏教僧院。

レー市

月面に例えられるラダックの首都。全てのヒマラヤツーリングのゲートシティー。

フォトゥ ラ

ヒマラヤ絶景街道最高地点4,108mの峠。鎧竜の背の様なザンスカール山脈の風景を望む。

カルギル市

レー市に次ぐ大きな町。宿泊地であり、ザンスカールへのゲートシティーとなります。

ザンスカール渓谷の道

カルギル市からランドゥム村の間を結ぶ120kmの道。オン&オフ半々です。

ドゥラン・ドゥルン氷河とZ3峰

ラダック最大の氷河。カルギル/パダムロードのペンシ・ラ近く、ストッド&ザンスカール川を経てインダスへ。

サンクー

カルギル市からザンスカール渓谷に入って30kmの小町サンクーから望むヌン&クン峰。

ランドゥム村キャンプ・サイト

宿が満室の場合はゴージャスな風景に囲まれたテントキャンプにてリラックスいただきます。

マーブル山

ランドゥム村近くに位置する無名峰。ヒマラヤ造山運動の証でありザンスカールの象徴的アート。

ティーブレイク

美しい景色を眺めながらのティーブレイクは英国領時代の名残であり、リラックスの時。

シャファト氷河

ピナクルピークから流れる氷河。スル川に向かう。

ヒマラヤ絶景街道

ナショナルHwy1=レー/スリナガルHwy、名付けてヒマラヤ絶景街道!息を呑む絶景が続くシーニックロード。

ラマユルゴンパ

ヒマラヤ絶景街道(レー/スリナガルHWY)に位置する大規模な僧院。レー市より120km、創建は10世紀。

ビアマのアーリアンキャンプ

インダス川沿いの宿。アーリア人の里近くに位置するパーマネントキャンプ。

スケジュール

  • 1
    日本~デリー

日本~デリー空港:フライト|空路デリーへ。

デリー空港よりホテルへ向かいます。ホテル到着後、ウェルカムディナーをお楽しみ下さい。早朝のフライトに備え、お早目に就寝。

  • 2
    デリー~レー

デリー空港~レー空港:フライト

早朝のモーニング・コールです。空港へ向かいチェックイン。首都、デリーを後にラダック王国の首都、レーへのフライト時間は約1時間。到着後、フリー・スケジュールです。ホテルにてリラックスいただくか、周辺の散策をお楽しみ下さい。

  • 3
    ツーリングDAY1

レー市~カルギル市:220km

スリナガル/レーHwyを西へ、赤茶けた岩山がそそり立つ渓谷の風景を眺めながらクルージング。ザンスカール川とインダス川の合流地点、ラマユル・ゴンパ、ファトゥ峠を経て大スケールの山々のアート、緑豊かな里、小さな町、チベット仏教寺院などが次々と訪れる道をカルギル市へ。

  • 4
    ツーリングDAY2

カルギル市~ランドゥム村:120km

ザンスカール渓谷へ。スル川沿いに走るカルギル/パダム・ロード、渓谷と村々の風景を楽しみながらオン&オフ120kmのクルージング。点在する村々の様子と高く聳えるザンスカールの山々、そして盟主ヌン&クン峰が出迎えてくれます。ランドゥム村に到着後、ペンシラ(峠)へ向かい大氷河をご覧下さい。

  • 5
    ツーリングDAY3

ランドゥム村~アーリアンキャンプ:190km

ラダック渓谷へ戻ります。カルギル市を経てハンプティン峠を越え、アーリア渓谷へ。峠を越えラルン村を散策し、インダス川に合流、アーリア渓谷に入ります。花の民(ドクパ)のダー村を散策、豊かな果実の森と季節に合わせた収穫や農作業をご覧いただきます。今宵はビアマのアーリアン・バレー・キャンプにて快適な夜をどうぞ。

  • 6
    ツーリングDAY4

アーリアンキャンプ~レー市:170km

ビアマを発ちスカルブチャンへ向かいます。うねる地層から成る大岩壁、崖上の仏教寺院、緑豊かな村の風景をご覧いただき、再び赤茶けたラダックの景色の中へ戻ります。途切れることの無い絶景の数々を眺めながらレー市へ到着。ザンスカール&ラダック渓谷の旅は終わります。

  • 7
    レー~デリー

レー空港~デリー空港:フライト&市内観光


空港へお送りいたします。チェックインの後、ラダックに別れを告げ、ヒマラヤを越え、首都デリーへ約1時間のフライトです。デリー到着後、市内観光へご案内します。
夕刻のフライトに合わせて空港へお送りします。チェックイン後、ナイト・フライトにて帰国の途へ。

  • 8
    デリー~日本

ハッピーランディング!

ツアーマップ

▲画像クリックで拡大します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3990-8823

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。