ラオス庶民に成ろう!WAVEツーリング
カルスト・マウンテン・トリップ

ツアー概要

『ラオス庶民に成ろう!WAVEツーリング』古都ルアンプラバン南に広がるカルストの山々の絶景とフランス文化の色濃い町並みを眺めながら、誰もが思い描くラオスの旅を満喫。ローカルガイドがご案内するカルチャー密着の旅路。

ご旅行条件

2020年  
01/24-02/16 ¥265,000
02/17-02/29 ¥269,000
03/01-03/31 ¥258,000
04/01-04/24 ¥238,000
04/25-04/28 ¥284,000
04/29-05/03 ¥322,000
05/04-05/31 ¥218,000
  • 燃油サーチャージ、現地タックス込み
  • 上記金額はお二人参加料金です。一人参加料金はお問い合わせください。
  • ベトナム航空をベースにした概算料金です。他航空会社、見積り時期により割安価格の提供が可能ですのでお問合せ下さい。
《主なツアー内容》

走行内容

レイドバック
旅行期間 5泊6日
シーズン 通年
実施人数 1名様より
宿泊施設 ホテル3泊、ゲストハウスまたは民泊1泊、機中1泊
お食事代 朝4、昼4、夕4
アクセス 日本~ルアンパバーン
航空会社 ベトナム航空、タイ航空他
バイク ホンダWAVE100
会話
  • かんたんな英語でお楽しみ下さい。
  • ​日本語通訳同行ツアー設定ございます。


 

PICK-UP

WAVEツーリング

【ラオス庶民に成ろう!WAVEツーリング】
ルアンプラバン在住、LPQ yokoさんがコーディネートする、お客様発案の二輪旅です。ラオス庶民の足とプロのローカルガイドとの旅はインターネットで把握できない、より奥深いアナログワールドへご案内致します。

【お客様方のご要望がツアー企画の源泉】
「高速より一般道、車よりバイク、バイクより自転車…ゆっくりした速度で見えるもの・感じるものが大きく変わることを実感しています。現地庶民が使うバイクでのんびり走り、町や村と庶民の暮らしに自然に溶け込むツーリング。そんな旅が出来ないだろうか‥‥岡本さま」

日本人ガイドとの旅路

LPQ yokoさんと旅するWAVEツーリングをご案内致します。

 2020年3月21日~26日|円|4名様より実施 

【yokoさんプロフィール】語学学校代表をメインにインバウンド・ツアー事業、在ラオス日本市場アドバイザーなど幅広く活躍中。2019年10月、欧米人向けバイクツアー・オペレーターGMの紹介を経て、日本の皆様のラオスツーリングをサポートさせて頂く運びとなりました。
〔滞在国履歴〕2012年3月~’16年6月=ラオス(ルアンパバーン)、'16年6~'17年12月=ミャンマー(ヤンゴン)、'17年12月~'18年6月=ラオス(パクセー)、'18年6月~現在=ラオス(ルアンパバーン)
〔二輪以外の主なツアー〕・徒歩で巡るルアンパバーン半日ツアー ・ナイトライフツアー ・エレファントライドツアー/象使い免許所持

ツアーハイライト

カルスト・マウンテン

インドシナ半島に点在する、そそり立つカルストの山々の風景が集中する絶景ルートを走ります。

村々と人々に近づく

ローカルガイドがご案内するアナログワールドがこの旅の魅力。視覚だけでは感じられない心が感じる世界。

世界遺産ルアンプラバン|宿泊地

世界遺産の町ルアンプラバン。メコン川沿いに開けたラオスの古都です。

ルアンプラバンのストリート

仏教国の古都らしい風景と外国人ツーリストを出迎える賑やかさを併せ持つ人気の町。

バンビエン|宿泊地

カルストの絶壁が屏風のようにそそり立つナムソン川沿いの景勝地であり、リゾートタウン。

バンビエンのストリート

レストランやホテルを始め、マッサージ、カフェ、アクティビティーショップなどが並ぶ活気あふれる道。

プークーン|宿泊地

見晴らしの良い尾根上の小さな町。[Phoukhoun]で画像検索頂ければ魅力がお分かりいただけます。

プークーンの地勢

カシから進んでワインディングを上り詰めたプークーン手前の尾根からの眺めは神々しい光景です。

カシ

カルストの山々の中にポツンと出来た盆地の町。幹線道路の分岐点となる要所です。

田園風景

豊かな田園風景と切り立った山々は異国情緒を感じる眺め。

ラオ・スタイルの住宅

帯状の竹で編んだ壁がラオス・スタイルの住宅。古い家屋は村々に現存しています。

田舎暮らし

プークーンからルアンプラバン間の山道はラオスの伝統的な人々の暮らしがふんだんに楽しめます。

峠道

ツーリング初日、ポンドン~カシ間の山越えルート。整った舗装のワインディング・ロードです。

峠からの眺め

県境の峠を越えたポイントから遠くに眺めるカシ盆地。標高差は約1,300m程度ございます。

仏教国ラオス

ルアンプラバン朝の托鉢

ショート・コミュニケーション

Waveだからこそ距離が縮まる楽しい時間。ショートコミュニケーションをお楽しみ下さい。

ラオスの食

丸ごとチキンと野菜たっぷりスープ。ボリューム満点なランチです。

ラオスの食

何処でもいただける典型的なラオスの味。

ラオスの食

カオソーイ。タイのカオソーイとは異なるラオス・オリジナル。

ラオ・ビア

ツーリング後に欠かせない、喉越しを楽しむスタンダード。

ラオスの食

シャワーフルーツ。取れたての酸味の強い実を辛味香辛料にまぶし、歯でこそぎ落しいただきます。

ラオスの食

ラオス風焼肉「シンダート」

クァンシー滝

ルアンプラバン郊外29kmに位置する名所。その美しさを求めて大勢の人々が集まります。

マーケット

カシとバンビエンの間に位置する大きなマーケット。思わず足を止め、立ち寄りたくなるスポットです。

スケジュール

  • 1
    日本~ルアンプラバン

ラオスの古都ルアンプラバンへ。
空港にて現地スタッフとミーティング後、ホテルへお送り致します。
ディナーを楽しみながらツアー概要をご説明致します。

  • 2
    ツーリングDAY1

ルアンプラバン~カシ~バンビエン|183km

ルアンパバーン市を南方向に走り始めると直ぐにラオスらしい特徴的な家並を目にします。ポンドンの分岐から本格的な山道が始まり、カルスト・マウンテンの風景が近く遠く視界に入ります。峠越えの際には冷気を感じるでしょう。峠を越え下りの風景を楽しみながらカシを経由しバンビエンへ。この区間はカルストの山々に囲まれた平地の道を走ります。川沿いの賑やかなリゾートタウンにて一夜をお過ごしいただきます。

  • ツーリングDAY2

バンビエン~カシ~プークーン|100km

バンビエンのカルスト・マウンテンを目にしながら北上しカシへ。カシから北東方向に田舎道を走ります。カルスト・マウンテンを背景にした農村風景を楽しみながら山々に近づき、道もワインディングへと変わります。石灰岩が成す新たな山々の風景を楽しみながら尾根上の小町プークーンへ。小さな田舎町の魅力をご堪能ください。

  • ツーリングDAY3

プークーン~ルアンパバーン|128km

プークーンは靄や雲海が眼下に広がり、貫くようにカルストの山が聳える朝の風景が魅力です。
本日走行区間はほぼ山道で舗装はやや荒れていますので集中願います。そしてワンランク上の民族文化が色濃い村々をWaveツーリングならではの速度でエンジョイ。山道脇が次第に賑やかになってくるとルアンパバーンは間近です。

  • ルアンプラバン観光|日本語ガイド

yokoさんのガイディングでルアンプラバンを散策。
『早朝、托鉢見学|モーニングマーケット散策|プーシーの丘からルアンパバーン市街一望|ホテルでの朝食と帰国の準備&ショッピング|メコン川を眺めながらのラオスコーヒーなど』

空港へ移動後、指定のフライトに搭乗。ラオスを後に帰国の途につきます。

  • 6
    ルアンプラバン~日本

ハッピーランディング!

ツアーマップ

ツアーマップ

▲画像クリックで拡大表示

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3990-8823

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。