サマー ヘンティーヒルズ

ツアー概要

限られた季節の旅、高山植物の花園と緑に染まる美しい曲線が成す丘のアップダウンを楽しむ

ご旅行条件

06/19-07/09 ¥289,000
07/10-08/01  ¥299,000
08/02-08/14 ¥313,000
08/15-08/31 ¥299,000
  • 燃油サーチャージ、現地タックス込み
  • 開花時期は7月上旬から始まり、7月下旬には一部の種類の花は散り始めます。
《主なツアー内容》
旅行期間 5泊6日
シーズン 7月上旬~8月上旬
実施人数 4名様よりツアー実施
宿泊施設

ホテル1泊、ツーリストキャンプ3泊、テント1泊

お食事代 朝4、昼5、夕5
アクセス 日本~ウランバートル
航空会社 モンゴル航空
バイク ヤマハAG200
会話 日本語通訳同行


 

PICK-UP

シベリアンタイガの南限の森となるヘンティー山脈。

美しい曲線が成す丘陵に花々が咲き乱れる夏真っ盛りのヘンティーの変化に富んだトレイルを走り、ピュアな自然に包まれる旅。

7月上旬から8月上旬が花々のお薦めシーズンです。

ツアーハイライト

ヘンティー山脈の風景

シベリアンタイガの深い森、渓流、可憐な花々などが構成する、変化に富んだ自然をピークから眺めます。

花と森のトレイル

針葉樹の森とワイルドウッド・フラワーのトレイルは独特の雰囲気を感じる機会です。

ツーリストゲル

最初の二泊を遊牧民のゲルをモチーフにした公共の宿に宿泊予定。思いのほか広い空間は快適そのもの。

グリーン ナチュラル ロード

スキーゲレンデ?ゴルフコース?刈り込んだ芝生の様な天然の緑の絨毯を走るチャンスがあります!

ピュアネイチャー

あたり一面手着かずの秘境はカラフルで繊細、そして穏やか。“生まれたままの自然”に満ちています。

チンギスハーン像|ツーリング終了地点

チンギスハーンが王になるきっかけとなった「鞭」を見つけた場所近くに立てられた巨大な像と博物館です。

フラワーロード

広大なお花畑に延びる二本のトレイルは花々で満ちた道。お花見を楽しみながらのライディングです。

白鳥の湖

山と丘が描く華麗な曲線を舞台に美しいドラマが生まれるところ。

トゥーラ川

ヘンティー山脈を源流とし、ウランバートルとバイカル湖を経て北極海へ注ぐ。

スレンさんのレストラン

ツアー中のお料理はスレンさんが日本の皆様のお口に合うよう調理した殿堂入りアウトドア日本人料理です。

 
川渡り

ちょっぴりスリリングですが、楽しさ満点の川渡りの機会がございます。モンゴルならではの体験にトライ。

オボー

峠に積上げられた石は旅人の守り神。時計回りに3回周り、旅の安全を祈願。

スケジュール

  • 1
    日本~モンゴル

モンゴルの首都ウランバートルへ。
ウランバートルから郊外のリバーポイント・ロッジへお送り致します。
チェックイン後、夕食です。

  • 2
    ツーリングDAY1

トゥーラ川沿いのトレイルから始まります。左手にはヘンティー山脈最南部の山々が目に入ります。ナライハ郊外を越え、ゴルヒ・テレルジ国立公園に入り、美しい山岳風景を楽しみながら川を上流へ遡り、ソドファミリーのツーリストキャンプへ。川沿いのキャンプです。

  • ツーリングDAY2

ツーリストキャンプを発ち、ヘンティー丘陵のトレイルへご案内します。高山植物の花畑、白鳥の湖、渓谷の大パノラマなど100%ピュアな自然、人工物ゼロの自然美の数々をご覧いただきます。宿泊は変わらず同じゲルに泊まります。

  • ツーリングDAY3

ソドファミリーのゲルを発ち、再び丘陵を越え、美し谷を走り、多彩な路面を楽しみ、変化に富んだ自然に触れていただきます。オフロードツーリングの心地良さ、楽しさ、面白さをふんだんに感じて頂きます。今宵の宿はヘンティー山中にてテント・キャンプです。

  • ツーリングDAY4+車移動

ツーリング最終日は昼までの半日のツーリングです。キャンプを出発し、エルデネ村をかすめ、変化に富んだマウンテンロードを楽しみ、眼下に広がる壮大な風景を眺めながらツーリング終了地点、チンギスハーン像へ到着です。
チンギスハーン像を見学後、昼食をお召し上がりいただきウランバートルへ車で戻ります。
ウランバートル到着後、ショッピングを経て夕食へご案内致します。

  • モンゴル~日本

朝、空港へお送りします。
直行便にて帰国の途へ。

ツアーマップ

▲画像クリックで拡大表示

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3990-8823

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。