モンゴル情報

サポートシステム

モンゴル・ツーリングは基本的にオフロード主体のクロスカントリー・ツーリングです。町から町へ、村から村へのツーリングではなく、広大な大海原を船団を組んで旅すると同様、広い土地をサポートチームと共に旅するキャラバンの様な形態です。
当サポートこそがツーリングの要になりますので詳細ご覧いただけますようお願い致します。
 

モンゴルで走る道

走行路の9割がオフロードです。オフロードは現地モンゴル人が走った四輪のワダチが主な走行ルートになりますが、路面状況や周囲の風景は多様です。
舗装路は概ね1割程度の割合で山岳ツーリングを除きフラットな地形の走行をお楽しみ頂きます。
以下のページでは主だった10種類の路面、地形についてのご案内をさせていただきます。

モンゴルでの食

20年に渡って日本の皆様限定の旅のお供をさせていただいた専属コックによるアウトドア日本人向け料理を全食サーブいたします。
見た目は多国籍料理ですが、味は間違いなく日本人庶民の味!何も無い原野で頂く数々の日本の味は疲れた時に心と体を癒してくれる大切な存在。
「食事も日本人に合うよう研究されていてカップヌードルやカレー、味噌汁とか持って行く必要なかったです。」とのお褒めの言葉を多々頂戴しております。

 

宿とトイレ

【宿泊】基本的にデラックス・テントキャンプとなります。ツーリストゲルはロケーション、経営状態、サービス提供内容などを総合的に検証し日程遂行やツアー品質に支障がないと判断したツーリストキャンプのみ使用しております。
【清潔を保つ】テントキャンプではシャワーはございませんが、低湿度により高温多湿な日本の夏とは正反対の汗をかきにくい快適な気候です。洗面、洗髪用の水はご用意しておりますのでキャンプサイトにてご利用下さい。歯磨きはペットボトルの水をご利用いただいております。
【トイレ】日中は野天トイレとなります。キャンプサイトでは簡易トイレを設置します。トイレットペーパーは現地にてご用意しております。

モンゴルの気候

7月から8月の日中は25度から30度程度の快適な気候です。湿度は20%程度ですので日本の真夏の様な不快感はございません。
9月上旬は日本の秋に当たり、中旬は晩秋から初冬の気温に該当します。
モンゴルの気候の一番の特徴は「寒暖の差の大きさ」です。気温は太陽光線にダイレクトに左右されますので真夏と冬の両方の気温が一日に訪れることもあります。しかし湿度が低いため日本で感じる体感温度とは異なります。

旅行用品と服装

モンゴルツーリングはオフロード走行用のギアとテントキャンプ用の装備2点をご用意いただくことが特徴です。服装全般は冬用か春秋用、寒さ対策に重点を置いた選択をお願い致します。
【荷物】全てのツアーではサポート車両が2台同行いたしますので日本からご持参いただいた荷物はツーリングにそのままご持参いただけます。走行中は貴重品や雨具などをディパック等で運んだいただきます。ご利用バイクにはキャリアがございますのでご希望の皆様はストレッチコードなどをご持参ください。
【気候と服装】真夏でも太陽が隠れた場合、10度前後の気温に低下するケースがございますので冬用か春秋用のウエアをお勧めいたします。総合的に暑さよりも寒さを想定したウェア選択をお願いします。

オフロード・プロテクター

オフロード用プロテクター(ギア)は必携品です。オンロード用のギアで代用可能なもの以外は新規購入などお願い致します。通常ブレストガードのみ有料レンタルはございますが、その他は現地に貸し出し可能な質を備えたものは十分な数量のご用意がございませんのでご了承願います。

書類手続き

出入国、道交法対応、傷害保険、外貨交換についてご案内致します。

「当社の特徴」はこちらへ   
「サービスのご案内」はこちらへ

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3990-8823

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。